榊の年間市場動向

季節による動向を見極めた、販売戦略が重要です

榊は季節によって、良く売れる時期・地域があり、また新芽の時期など、売り方を工夫しなければならない月があります。榊の売上を伸ばすためには、地域・季節ごとの動向を見極めた、販売戦略が重要です。

榊の年間市場動向グラフ 1月〜3月の市場動向 4月〜6月の市場動向 7月〜9月の市場動向 10月〜12月の市場動向

1月〜3月の市場動向

外気温が低くなり、榊が劣化しにくい時期です。そのため、榊の買い替え需要が減ります。2月には、旧正月があります。日本では一般的ではありませんが、輸入元の中国では最も重要な祝祭日の1つで、多くの人が長期の休暇を取ります。このため、榊の数量を確保するのが難しい時期になります。3月には、春のお彼岸があり、地域によっては榊がよく売れる傾向があります。
デスタンのコメント

この時期によく発生するのが、凍傷事故です。外気温がマイナスになる事があるため、運送中に榊の一部が凍ってしまう事があります。完全に凍ってしまった榊は、元には戻らないため、売り物になりません。このような場合、当社にご連絡頂ければ、直ちに代替品を発送させて頂きます。
詳しくは、榊の凍傷についてをご覧下さい。

旧正月の時期は、榊の在庫が不足する場合があります。
この時期にご注文される方は、出来るだけお早目のご注文をお願いします。

1月〜3月の市場動向

4月〜6月の市場動向

毎年、多少のずれはありますが、4月頃から新芽の時期に入ります。5月の大型連休(ゴールデンウィーク)には、榊がよく売れる傾向があります。
デスタンのコメント

新芽の時期に入ると、まず、古葉が新芽に押し出されるようにして散っていきます。
どのような対策をとっても葉落ちを止める手段はありません。
当社では、榊を低温で管理をする事で榊の成長を抑制し、葉落ちを軽減しています。
しかし、中には葉落ちが止まらず、ひどいものでは枝だけになってしまうものもでてきます。そのため、当社では出荷前検品を行って、葉落ちのひどいものは取り除いています。

葉落ちの時期が終わると、しばらくは新芽だけの時期になります。
ヒサカキは若葉色の柔らかい葉になります。本サカキは表面が赤茶色の柔らかい葉になります。どちらも非常に傷みやすく品質管理が難しくなります。
当社では、通常の品質管理に加え、ゴムの括り方を変えるなど、出来るだけ葉が傷まないようにする対策を行っています。「新芽の時期は売り物にならない」とお困りの方は、当社の榊を1度お試し下さい。

本サカキの新芽をご存知ない方は、腐っていると勘違いされる方がいらっしゃいますので、店頭で販売される場合は、POPなどで新芽の説明をされる事をオススメします。

本榊の新芽

7月〜9月の市場動向

外気温が高くなり、榊が劣化しやすい時期です。そのため、榊の買い替え需要が増えます。8月には旧盆があり、全国的に榊がよく売れる傾向があります。9月には、秋のお彼岸があり、地域によっては榊がよく売れる傾向があります。
デスタンのコメント

榊が劣化する主な原因は、温度の上昇による蒸れや榊自体が発生させるエチレンガスだと考えられています。
特に、梱包された状態ではこの影響を受けやすく、劣化する速度が早まります。
それにもかかわらず、他社では、梱包したまま温度管理が十分でない冷蔵庫に保管しています。ひどいところでは、冷蔵庫内ではなく、室温が40度を超す倉庫内に2週間以上も保管するところもあるようです。
これでは、榊の状態が悪くなるのは当たり前です。

7月〜9月の市場動向7月〜9月の市場動向

当社は、物流センターの中に榊専用の冷蔵庫を設置して、その中で保管しています。
榊以外は保管しませんので、榊の保管に最適な温度で保管できます。
これだけでも他社との違いが分かって頂けると思います。
もちろん、保管以外の工程でも榊の品質管理を徹底して行っています。
夏場の劣化しやすい時期こそ、当社の榊をお使い下さい。

8月のお盆の時期は、出荷量が通常の2倍以上になる日もあり、検品作業や出荷業務が大変になります。
予めご注文を頂きますと、人材の確保などが事前に行えますので、当社としては非常に助かります。概算で結構ですので、お早めのご注文をお願いします。


10月〜12月の市場動向

1年の中で一番榊の品質が安定する時期です。12月には、お正月用に榊を購入する方が多く、全国的に大量の榊が売れる傾向があります。
デスタンのコメント

年末には、通常の榊に加え、お正月用に松入り榊も販売しています。
グラフを見てもらえば分るとおり、膨大な出荷量になります。しかも、20日以降の納品分で12月の出荷量の約7割を占めます。在庫管理が非常に難しくなるため、事前にご注文を頂いていない場合は、ご要望の納品日にお届け出来ないこともあります。
概算で結構ですので、お早めのご注文をお願いします。また、年末は運送会社の物量が非常に多くなるため、配達時間の遅延が発生する可能性があります。ご入用の方は、納品日に余裕を持ってご注文下さい。

7月〜9月の市場動向

 
このページのトップへ