お取引事例:ホームセンター

ご相談者:関東地方を中心に多くの店舗を構えるホームセンターの花卉担当バイヤー様
対策後2ヶ月で榊の販売数量は以前の2倍に

榊が全くと言っていいほど売れない。どのようにしたら売れるようになるのか?

デスタンからの提案内容

まず、1つ目のご相談についてです。
榊が売れるようにするために、4つのご提案をさせて頂きました。

(1)配送センターへの一括納品から各店舗への直送にする

各店舗へ直送することにより、店舗に届くまで徹底した品質管理が行えます。
その結果、榊を売る上で一番重要な品質を保持する事ができます。

配送センターへの一括納品から各店舗への直送にする

(2)ホームセンターをご利用になるお客様のニーズにあわせた商品規格にする

この事例では、ホームセンターをご利用になるお客様のニーズにあわせて、あえて通常規格よりも一回り小さい規格をご提案させて頂きました。
その結果、お客様に広く受け入れられ、今では、ご提案した規格が評判を呼び、他の量販店でも使われるようになりました。

ホームセンターをご利用するお客様のニーズにあわせた商品規格にする

(3)お買物ついでに、気軽に買える価格にする

当時、榊を目当てにホームセンターに来られる方は殆どいませんでした。
そこで、お買物ついでに、気軽に買える価格に改定して頂きました。
その結果、多くのお客様の目にとまり、売上を伸ばす事に成功しました。

お買物ついでに、気軽に買える価格にする

(4)店舗での品質管理を行う

榊を売る上で一番重要なのは品質です。品質が悪ければ、いくら安くても売れません。
品質を維持するには、どうしても店舗での品質管理が必要になります。そこで、店舗のスタッフ(パート・アルバイト)のどなたでも品質管理が出来るように、当社にて、わかりやすくまとめたマニュアルを作成し、マニュアルの通り実践して頂きました。
その結果、綺麗で長持ちする榊を販売できるようになり、多くのリピーターを獲得する事に成功しました。

店舗での品質管理を行う

上記のご提案を実践して頂いたことで、対策後2ヶ月で榊の販売数量は以前の2倍に
榊がよく売れるお盆時期には、なんと以前の6倍の販売数量を記録しました。

相談内容2:欠品によるチャンスロスをなくしたい。何か良い方法はないか?

デスタンからの提案内容

次に、2つ目のご相談についてです。
このご相談は、榊がある程度売れるようになってからのものです。
事例のホームセンターでは、本部のバイヤーを通さず、各店舗の担当者が直接当社へ榊の注文を行っていたため、店舗によっては、欠品によるチャンスロスが発生していたそうです。各店舗では、パートやアルバイトが榊の担当者になる事も多く、なかなか在庫管理が出来ないとお悩みでした。
そこで、当社が自社開発しているシステムに、一定期間ご注文のない店舗を抽出する機能を追加して、抽出された店舗を対象に、当社から電話による在庫確認(注文確認)を取らせて頂くことにしました。
その結果、チャンスロスが激減し、榊の売上をさらに伸ばす事に成功しました。

配送センターへの一括納品から各店舗への直送にする

担当者からのコメント

榊が売れない原因には、販売地域、品質、価格、売り方など様々な事が考えられます。
お客様に合わせた適切なご提案をさせて頂きますので、榊が売れないとお困りの方は、お気軽にご相談下さい。
現場(店舗)の管理が行き届かないとお困りの方は多いようです。
事例のように、当社でご協力できる事もありますので、お気軽にお申し付け下さい。

担当者からのコメント

このページのトップへ