本榊の詳細

本榊(ほんさかき)
本榊(ほんさかき)
本榊(ほんさかき)
和名 榊(さかき)
俗名 本榊(ほんさかき)、真榊(まさかき)
学名 Cleyera japanica
分類 ツバキ科 サカキ属
産地 アジア南部(東海地方以南)
花 6月から7月頃にかけて開花する。
実 果実は丸く、11月ごろ黒く熟する
葉 互葉で水平にひろがり、光沢がある。
葉のふちに 鋸歯(きょし)と呼ばれるギザギザがない。
太陽光がよく当たる部分は、そり返っている。
詳しくは、榊の豆知識をご覧下さい。
樹 10m〜12m程度、直径30cm程度に達する
語源 神様の聖域と人間世界との「境」を示す
ための木が転じたという説、「栄樹」
あるいは神聖な木を意味する「賢木」が
転じたという説がある。
用途 大別して東海地方より南の地域で神棚に祭られる。
神垂(かみしで)をつけて神様にお供えする玉串として用いられる。
神様の宿る場所として神離(ひもろぎ)に使われる。
※神離は臨時に神様を招請するために室内や庭に立てる榊のこと

本榊の新芽について

本榊の新芽は、当初、赤色の鉤爪(かぎづめ)のような形をしています。これが黄緑色の葉になり、光合成をしていくことで徐々に濃い緑色になっていきます。
茶色になるのは表側だけです。
茶色の段階では、古葉が変色したようなまだらな色になるため、不良品と勘違いされる方もいますが、決して不良品ではありません。ヒカサキと同様に、新芽の段階では葉がとても柔らかく、傷みやすい状態です。

このページのトップへ