日経ビジネス 小さなトップ企業

日経ビジネス 表紙
日経ビジネス2
日経ビジネス3
日経ビジネス4

日経ビジネスにてデスタン株式会社が特集されました。

2005年1月31日発刊の日経ビジネスにて当社が紹介されました。
榊を扱うまでの経緯や、デスタンがシェアナンバーワンとなりえた理由などが特集されています。
また、榊の販売を行なう以前の喫茶店事業の話も交え、デスタンの事業に対する考え方や、今後の展開などについても紹介されています。

特集内容

”失敗期間”設け商材を育成

神前に供える植物として知られるサカキで約30%のシェアを確保。中国生産でコストを抑えながら、高い品質を維持したのが強みだ。高齢化の影響で生産量が減る分野を狙い、新たな商材を模索する。

品質とスピード出荷が強み

デスタンが強みとしてきたのは、榊の品質と、受注から納品までのスピードです。
高品質な榊をお客様にお届けするためにデスタンが行なっている、品質管理や工程管理などの内容を交えて、なぜデスタンがシェアナンバーワンになれたのか詳しく解説します。

品質とスピード出荷が強み

デスタンでは3年後に利益が出ないと踏んだら、黒字であっても撤退するルールを設けています。
新たな商材を選ぶ基準や、今後を担うと見ている商材、これからのデスタンの戦略など解説します。

PDFで閲覧する

Adobe Readerのダウンロード
PDFの記事をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のバナーよりダウンロードすることができます。

このページのトップへ