デスタンエピソード

実はデスタン、ここまで徹底しています

これまでに、いろんな雑誌や新聞の取材を受けてきました。
また、見学に来られる方が、毎週のようにいらっしゃいます。来社されるほとんどの方が、
「榊という目立たない商品を販売している会社が、
お客さんの満足を高めるためにここまでやっているのか・・・」

と、非常に驚かれます。
どうして皆さんがそんなにびっくりされるのか、その理由の一部をご紹介します。

最新の受注システムを導入しています

電話は、パソコンと連動させたものを使用しています。大手電機メーカーと共同開発した電話とコンピュータをつないだ受注システムを導入しており、電話を取ると、電話をくださったお客様の情報やこれまでの注文履歴が瞬時にパソコンの画面に表示されるようになっています。
このシステムにより、リピーターのお客様には「前回と同じものを、同じ数だけ送って下さい」と、とても簡単にご注文して頂けるようになっています。
「お客様の利便性を高めること」「受注ミスをなくすこと」を追求した結果、このような形にたどり着きました。
また、パソコンの画面を見て、お客様の状況をできる限り理解した上で、お客様と会話ができるという利点もあります。これからも、お客様にご満足頂けるよう、「お客様の便利さ」「お客様の身になった対応」という両面から磨きをかけてゆきます。

お客様にご満足いただけるように徹底した管理

ユニークな構造の事務所にも意味があります

ユニークな構造の事務所にも意味があります

本社事務所のフロアはとてもユニークです。セリ市場のように雛壇になっていて、階段状に一人ひとりの広いブースが設けられており、各社員が自分の仕事に集中できるようになっています。また、事務所内のあちこちには鉢植えの樹木が置いてあり、緑に囲まれて仕事をしているといった感じです。このような働きやすい環境の中で、これからも気持ちの良い対応を心がけていきます。
お近くにお越しになられた際には、是非、お立ち寄り下さい。社員一同お待ちしています。

社名である「デスタン」の意味とは?

お客様やお取引先の方々から、
「社名のデスタンは、どんな意味なのですか?」と、時々尋ねられます。
これまで、「デスタン」はいろいろな方々との出会いを大切にし、知識と経験を積み重ねてきました。
顧客満足の向上にこだわった事業を継続するためには、試行錯誤は必要不可欠なプロセスだと考えています。
「DESTIN」はフランス語で、「自分自身で切り拓く運命」という意味があります。
人生には、さまざまな「出会い」や「運命」があります。「昨日よりも今日、そして今日よりも明日と日々成長し続け、自分の人生は自分で切り拓いていく」という思いを込めて、社名にしています。

社名の「デスタン」の意味とは?

このページのトップへ